タグ : DigitalOcean の記事一覧

DigitalOceanの新リージョン シンガポール1を試してみた

 Cloud, DigitalOcean

ども、takiponeです。 昨日公式ブログで、DigitalOceanのシンガポール1リージョンのオープンがアナウンスされました!従来、DigitalOceanのデータセンターは北米とヨーロッパのみだったので、アジアへの進出は大歓迎ですね。 早速Dropletを作成してみます。確かに新規Dropletのリージョン一覧に、Singapore

DigitalOcean入門4 Dropletの運用 バックアップ編

 Cloud, DigitalOcean

ども、takiponeです。前回は、Dropletのハードウェア、ネットワーク構成をご紹介しました。Dropletを作成し、環境を構築するまでは概ね確認できたわけですが、個人で利用する環境といえどもデータロストに備えるバックアップや不正アクセスに備えるセキュリティ対策は運用に不可欠だと思います。現在のDropletでどこまで出来るのか、検証してみます。

DigitalOcean入門3 Dropletのハードウェアとネットワーク構成

 Cloud, DigitalOcean

ども、takiponeです。DigitalOcean入門の3回目では、Dropletで利用できるハードウェアとネットワーク構成について見ていきます。 おさらい Dropletのハードウエア構成は、サイズごとにCPU/メモリ/ディスクサイズが定められています。ディスクは現時点では1台につき1本のみ、

DigitalOcean入門2 サインアップとDropletの作成

 Cloud, DigitalOcean

ども、takiponeです。 前回から引き続き、IaaSサービスのDigitalOceanについてご紹介していきます。今回は、DigitalOceanを実際に使っていく最初の一歩として、サインアップとDroplet(DigitalOceanの仮想マシン)の作成を行っていきます。 サインアップ

DigitalOcean入門1 概要と課金

 Cloud, DigitalOcean

ども、takiponeです。 普段仕事ではAWSを使っていますが、AWSは個人で使うにはそれなりに覚悟のいる価格設定ですよね。。。個人でも気軽に使えるIaaSはないものかと探していたら、Packerがサポートする DigitalOceanが目に留まりました。 月額約500円からKVMベースの仮想マシンが使えるとのことで、個人で扱うのにちょうどいい価格帯なので触ってみたいと思います。 DigitalOceanのサービサーとしての概要は、